アトランタ シュガークラフト研修日記

2001年4月21日から5月1日まで、アメリカ・ジョージア州 アトランタの 「The Internathinal Sugar Art Collection」 へ研修に行ってきました。
この学校は、NICHOLAS LODGE先生の学校で、アトランタの田舎の方にあります。 アトランタは、治安が悪いと聞いていて、最初は少しこわかったのですが、 なかなかどうして!良いところでした〜。
それでは、写真をご紹介いたしましょう。
CNN前にて
最初の数日間は観光とショッピングの日々でした。 アトランタって、見るところがない・・・と思ってましたが、 色々あるんですよ!
まず、「CNN-Studio-tour」に参加しました。 ガイドさんがTV局の内部を案内してくれるツアーで、 実際放送している所なんかも見れたりして、とても面白いです。 「PRESS PASS」というのをぶらさげて入場するので、ちょっとギョーカイ気分! 天気予報の仕組みなんかも実演してくれるので、楽しめます!
World of Coca Cola前にて

次に、「World of Coca Cola」です。 これは、「GRAY LINE」のツアーで回ったのですが、 コカ・コーラの歴代の瓶や看板などが所狭しと展示されていて、 大人も子供も楽しめます。何十種類ものドリンクの試飲もできます。そんなに飲めるものじゃないですが・・・。
ツアーでは、他に「Jimmy Carter Museum」や 「Martin Luther King, Jr. Center」等も巡り、アトランタを堪能しました。
さて、アトランタの交通手段ですが、私は、 「MALTA」という電車をよく利用しました。 これは、トークンというコインを買って乗る乗り物で、ダウンタウンでは地下鉄、 郊外では地上を走る電車になります。どこまで乗っても、片道1.75ドル(当時の値段です。) で、とても便利です。レノックスやフィップスプラザなどといった主な ショッピングセンターも、これで行く事ができます。

---------------------------------------------------------------

さて、ここからは研修のお話。
今回、"Wedding Cake Class Number 1"というクラスに参加しました。
このクラスは5日間で、3段の大きなウェディングケーキを作るのですが、 現在も人気のようで、引き続き開講されているようです。 形はみな同じなのですが、好きな色ですべてを仕上げることができ、色の相談も ニック先生が応じてくれます。 まず最初に、どの部分を何色にするかを考える時間が与えられ、決まったら 制作スタートとなります。
私のウェディングケーキ作りはここから始まった、といっても過言ではないくらい、 思い出深いレッスンとなりました。
ケーキトップ


← 作成したケーキトップです。飛行機組はトップとボディを別仕立てで制作するので、 全体の写真がありません。これは機内持ち込みで持って帰るはずだったのですが、 あまりに大きすぎて、客室乗務員とヒトモンチャク?あった末、結局貨物室へ・・・。 ニック先生は機内持ち込みを前提にパッキングしてくださっていたので、 当然のごとく、バリンバリンに割れて しまいました。今は亡き姿。。。 でも、この事件?があったからこそ、今の私のパッキング技術があるのです?!
全員集合


← いっしょに学んだメンバー(一部)です。中央の男性がニック先生。 最終日の完成後なので、みんなの表情がいきいきとしています。 同じテーブルだった、SoniaとSherryも写ってます。Gaelがいないわ・・・。ああ懐かしい・・・・。
ケーキトップ


← シャンパンとディプロマを手にご満悦?の私。みなで乾杯する前に、グビグビ飲んでヒンシュクを買いました。 ものすっごく喉が乾いていたので・・・。 乾杯する時には、心優しいスタッフが2杯目をついでくれました。これから行く人は気をつけましょう?!

フォントサイズ、 中or小でご覧になることをオススメします。

このサイト内のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2000-2004 Sachiko's Sugararts. All rights reserved.