Hisayoさんと Tomoyoさん手作りの、お友達のためのウェディングケーキ



〜2002年7月7日挙式〜

Hisayo&Tomoyoさんのケーキ。ケーキトップのお写真です。 Hisayo&Tomoyoさんです。

大阪出身で現在国立在住のHisayoさん(写真左の方です)は、大阪在住のお友達・Tomoyoさん(写真右の方です)とお二人で、高校時代からの親友へ「食べられるウェディングケーキ」をプレゼントしたい!ということで、ご連絡をいただきました。メールでお話をお伺いしただけで私は、「お友達にケーキをプレゼントだなんて、なんて素晴らしいことなんだろう!」と感動し、喜んでお手伝いさせていただくこととなりました。

 しかし、お二人とも、バリバリのキャリアウーマンで、しかもそのお仕事が超多忙な時期と重なり、レッスンには一日しか通えない・・・との事。お二人ご一緒とのご希望もあり、Tomoyoさんが東京出張の時に、お二人そろって来ていただくこととなりました。

 また、下2段はご自身達でケーキを手作り・カバーしたいとのご希望もあり、 教室では、最上段の完成とお花のパーツの作成という、今回はじめて、 「一部請負」みたいな形を取らせていただくこととなりました。

---------------------------------------------------

打ち合わせから完成まで

2002年5月中旬 メールにてお問い合わせ
その後、6月中旬まで数回にわたり、メールにて打ち合わせ
6月23日 ペーストの作り方&カバーリングなどの基本的なレッスン、 バラ・葉作り、着色、組立、仕上げ


---------------------------------------------------

今回なんといっても、最大のポイントは、「ご自身達の手で、 しかもそれぞれのご自宅(東京と大阪)でケーキを焼成・カバーし、 現地(大阪)でケーキを組み立てる」というリクエストでした。

教室でカバー・組立でしたらご一緒に作れるのですが、ご自身達で・・・ となると、おひとりで出来るようになってお帰りいただかねばなりません。 また、実際食べるケーキとお聞きしましたので、カバーリングのペーストに関しては、 「食べる場合はできれば既製品を使わないでいただきたいなあ・・・」 という私の勝手な希望もあり、手作りペーストからの指導となりました。

 しかし、お二人ともとても熱心で、「私の言葉を一言も聞き漏らさないぞ!」 といわんばかりのメモの取りようで、逆に私が緊張してしまうほどでした・・・。 お互い真剣に(ほんとです)、午前中は、ご自宅でも出来るよう、シュガーの 基本的なことをレッスンさせていただきました。下2段に関しては、 ご自宅でちゃんと再現できたそうです!

 午後に入ってから、お花・葉・上段のサイドに模様をつけたりと、 徐々に形になっていく作業の中で、お二人とも楽しそうに色をつけたり、 パーツを組み立てたり・・・。Hisayoさんは、アートフラワー経験者だけあって、 アレンジがとても上手!Tomoyoさんは、ひとつひとつ、とっても丁寧に作っていくので、 仕上がりがとってもきれい!お二人とも得意分野が違うので、 丁度いい感じに作業がはかどっていきました。

 そして、ようやくケーキ上段とお花のパーツが完成!ホワイトで統一 したいという新婦のご希望にぴったりな、可愛らしいケーキが出来上がりました。 完成後は、お二人が試作なさったというマーマレードのケーキをお味見させていただきました。これがとってもおいしくって、こんなケーキをプレゼントされるお友達は本当に幸せだな〜とまたもや感動してしまいました。

 Hisayoさん、それから遠いところを通ってくださいましたTomoyoさん、 どうもありがとうございました。素敵なケーキができて良かったですね!

当日の貴重なお写真を頂きました。(写真下) ケーキの周囲のグリーンがばっちり あってます!

当日のケーキ写真です。

フォントサイズ、 中or小でご覧になることをオススメします。

このサイト内のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2000-2004 Sachiko's Sugararts. All rights reserved.