Chihoさん手作りの、お友達のためのウェディングケーキ



〜2003年1月13日挙式〜

Chihoさんのケーキ Chihoさんのケーキ

昨年、当教室で、ご自身のウェディングケーキを完成なさったChihoさんの 事を覚えてませんか?そうです!あのChihoさんです!( 分からない方は、目次で探してね♪)あのような素敵なケーキを作られたChihoさん、 なんと現在、ウェディングプランナーの学校へ通われていらっしゃいます。 そこでさらにオリジナルウェディングのプロデュースセンスを磨き、 再び当教室へいらっしゃいました。今回は、お友達の結婚式のケーキで、 食べられるケーキを作りたい、との事でした。Chihoさんも私も、 気心のしれた仲(ツーといえばカー?)、打ち合わせも「パパッ」とメールで済まし、 1月13日の挙式に合わせ、スケジュールも「パパッ」と決め、トントン拍子で お話は進んでいったのでありました。

---------------------------------------------------

打ち合わせから完成まで

2002年11月下旬 メールにてご相談
12月28日午後半日 バラ、バラの葉、赤い実作り
2003年1月11日 カバーリング(マジパン含む)、 ケーキ側面装飾、お花組立、仕上げ

---------------------------------------------------

なんといっても、前回バラ150本を作ったChihoさんに こわいものはありません。

今回もマーサさんのデザインを引用し、2段でピラーを使った ケーキにアレンジしました。上はダミーで取り置きできるようにし、下はChihoさん手作りのケーキと なっております。必要なバラはたったの(?)30本。余裕だわ!との事で、1日半でこのケーキを 完成されました。(宿題も楽々だったそうです。)

初日のレッスンでは、 優雅に午後のひとときで、バラの葉、実の作り方をマスターされ、「バラの作り方も復習しますか?」 とお聞きしましたら、「いえ、大丈夫です。」とクールに答えたChihoさん。・・・素敵でした!
その日は、中身のケーキの試食もさせていただき(マロンのケーキでおいしかったです!)、 丁度ウェディングケーキを制作中の方もお茶にいらしたので、先輩として貴重なアドバイス等 お聞きしながらお開きとなりました。(Chihoさんますます素敵です。)

そして、年が明けて2回目のレッスン。バラはやはり完璧。他の宿題も見事にこなされ、 中身のケーキもおいしそう・・・。少し延長はしましたが、1日半で見事に完成となりました。

このようなケーキを頂くお友達は本当に幸せですね。
素敵なケーキ、 完成して良かったです!
・・・・Chihoさん、またのお越しをお待ちしております?!

フォントサイズ、 中or小でご覧になることをオススメします。

このサイト内のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2000-2004 Sachiko's Sugararts. All rights reserved.