Keikoさんの手作りウェディングケーキ



〜2003年10月26日挙式〜

Keikoさんのケーキ

Keikoさんは、2002年4月から習いにきていただいている生徒さんです。 シュガーを初めて丁度1年経った頃にご結婚が決まり、Sachiko's Sugararts始まって以来の 経験者の生徒さんによるウェディングケーキとなりました。
なので私は、「やっぱり初めての人とおんなじじゃあダメよねっ。」と明るく 言い放ったところ、Keikoさんは彼にそのことを話したそうで、 そしたら彼も「当たり前じゃんっ。」 と追い打ちをかけるように言ったとか・・・。 この地点で、Keikoさんにはかなりのプレッシャーだったことでしょう・・・。 が、そのプレッシャーを見事にはねのけ、このような素晴らしい傑作ができあがりました。

---------------------------------------------------

打ち合わせから完成まで

2003年1月下旬 レッスン時にご相談
2003年4月2日 打ち合わせ&お花
5月20日 ダスティング、お花組み立て
9月5日 カバーリング
10月7日 仕上げ


---------------------------------------------------

『経験者にしか作れないケーキ』、 がズバリ今回のテーマでした。
(というと、またkeikoさんのプレッシャーなのかしら・・・。うふふ。)
というのはジョークで(ジョークでもないか。)、本当のテーマは、 「keikoさんらしい、ピュアなケーキ」。
まず、お花の種類が多いです!花種多様!(そんな言葉あるのでしょうか。) メインは、keikoさんが一目見て気に入った「ワイルドローズ」。 普通のバラと違って、難易度アップです。 そして、秋を感じさせる実がいいだろう、ということで「ヒペリカム」。 これも難しいですね。 あとは、「ジャスミンとバラの葉」。 これだけたくさんの種類を作られると決まったとき、私はそれだけで わくわくしてしまいました♪

ワイルドローズは、最初Keikoさんも苦労なさったようでしたが、 作っていくうちに、ものすごく上手になられて・・・胸がじーんとなりました・・・。 生徒さんの成長を感じるというのは、本当に嬉しいことです。 ご本人も、上手になったのをものすごく実感なさったようでした・・・。 あとのお花は、レッスンでも似たようなものを作っていたので、楽勝でした! ウェルカムボードも同じお花で作られて、アレンジも何もかも、 Keikoさんご自身で頑張って作られました! カバーリングも完璧でしたので、あえてシンプルに「見せて」あります。 後ろの部分は、ヴェールをふんわりかけて、エレガントに。。。 通常、お花の隙間を埋めるために作るリボンループは一本も使っていません! Sachiko's Sugarartsでのウェディングケーキの最後、見事に飾られました! Keikoさん、素敵なケーキをありがとうございました♪
・・・・Keikoさん、いつまでもお幸せに!

お花アップケーキトップウェルカムボード

次のページへ

フォントサイズ、 中or小でご覧になることをオススメします。

このサイト内のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2000-2004 Sachiko's Sugararts. All rights reserved.